SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

ALT(GPT)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 緊急
    ALT(GPT)
    3B045-0000-023-272
    血清
    0.5
    S09

    A00
    冷蔵
    (14日)
    2~4
    17
    ※3
    JSCC標準化対応法
    5~40(U/L)

備考

&ヨ

診療報酬

D007(03)
アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
生化学的検査(Ⅰ)判断料144点 ☆

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:1年

ポリスピッツ

A00  旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

補足情報



臨床意義

AST(GOT)とALT(GPT)はともにピリドキサールリン酸(PALP)を補酵素とする代表的なアミノ基転移酵素である。ほとんどの臓器組織細胞中に分布しており,臓器の障害を疑うとき,すなわち,肝胆道疾患,心疾患,筋疾患,溶血性疾患などの障害の程度,臨床経過などを知るための検査である。
AST(GOT)は特に心筋,肝,骨格筋,腎に,ALT(GPT)は肝,次いで腎の細胞内に多く局在し,これらの臓器が障害された際,血中に逸脱して増加する。ALT(GPT)はAST(GOT)に比べて肝障害に特異性が高い。

異常値を示す病態・疾患

減少する疾患

ピリドキサルリン酸欠乏, 慢性透析

上昇する疾患

アルコール性肝炎, ウイルス性肝炎, 肝硬変, 急性肝炎, 脂肪肝, 胆汁うっ帯, 慢性肝炎

参考文献

測定法文献
日本臨床化学会:臨床化学 18-4-250~254 1989
臨床意義文献
三浦 裕:日本臨床 53-増-266~271 1995

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧