SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

ヘモグロビンA1c(HbA1c)(NGSP)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • ヘモグロビンA1c(HbA1c)(NGSP)
    3D046-0000-019-062
    血液(フッ化Na加)
    2.0
    PF2
    冷蔵
    (5日)
    2~4

    49
    ※2
    ラテックス凝集法
    4.6~6.2(%)

備考

&ヨ
凍結保存は避けてください。
データに影響を及ぼす場合がありますので,必ず専用容器(PF2)に採血しご提出ください。
下図の容器に採血し,よく混和させ,冷蔵保存してください。

診療報酬

D005(09)
ヘモグロビンA1c(HbA1c)
血液学的検査判断料125点

  • 「HbA1c」,「グリコアルブミン」又は「1,5AG」のうちいずれかを同一月中に併せて2回以上実施した場合は,月1回に限り主たるもののみ算定する。ただし,妊娠中の患者,1型糖尿病患者,経口血糖降下薬の投与を開始して6月以内の患者,インスリン治療を開始して6月以内の患者等については,いずれか1項目を月1回に限り別に算定できる。

容器

フッ化Na

PF2  旧容器記号 E C2 2

フッ化Na入り (真空採血量2mL)

内容:フッ化Na 2.5mg ヘパリンNa 25uspu EDTA-2Na 7.4mg
貯蔵方法:室温
有効期間:2年

臨床意義

ヘモグロビンA1C(HbA1c)は,ヘモグロビンAのβ鎖N末端のバリンにグルコースが非酵素的にシッフ塩基結合してアルジミンとなり,さらにアマドリ転移を受けてケトアミン化合物となったものである。この中間物質であるアルジミンは可逆性の為不安定型A1cである。最終物質のケトアミンは不可逆性の為安定型A1cと呼ばれる。反応の全過程は血糖値に依存性があるため高血糖の程度に応じて生成物は増加する。又,安定型A1cは,赤血球の寿命(120日)の間消滅しない為,過去1~2ケ月間の血糖値を反映する。よって意義としては,この長期間の血糖コントロールの指標として用いられる。

異常値を示す病態・疾患

減少する疾患

溶血性貧血

上昇する疾患

糖尿病

参考文献

測定法文献
平田 稔 他:医学と薬学 34-1-125~136 1995
臨床意義文献
老籾 宗忠:日本臨床 48-増-315~322 1990

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧