SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)(2018年12月6日ご依頼分をもって受託中止)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 中止
    ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)(2018年12月6日ご依頼分をもって受託中止)
    4F095-0000-023-062
    血清
    0.6
    S09

    A00
    冷蔵
    2~4
    140
    ※4
    ラテックス凝集免疫法
    下記参照

備考

&ヨ
妊婦の場合は,妊娠週数を明記してください。

診療報酬

D008(18)
ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)
生化学的検査(Ⅱ)判断料144点 △

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年

ポリスピッツ

A00 旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

補足情報



[0052 2] [3094 4] [209702] [2097] ヒト胎盤性ラクトーゲン (HPL) 妊婦基準値

(単位:μg/mL)
5~8週 0.07以下
9~12週 1.1以下
13~16週 0.3~2.1
17~20週 0.7~3.6
21~24週 1.3~5.6
25~28週 2.2~8.0
29~40週 3.0~9.9

臨床意義

ヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)は,絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)とともに胎盤で産生される代表的なホルモンである。hCGと異なり,糖質を含まない分子量22,000の単純蛋白であり,191個のアミノ酸残基の単一鎖より成り,2個のS-S結合を持つ。
HPLは直接胎児に作用することはなく,妊娠母体での糖・脂質代謝を介して胎児発育に促進的に関与している。意義として妊娠初期は切迫流産や胞状奇胎の指標として,また妊娠後期や末期にはHPL測定値の経時的推移により胎児-胎盤機能の管理などに有用である。

異常値を示す病態・疾患

減少する疾患

SFD(低体重児), 胎児死亡, 胎児発育遅延, 胎盤機能不全, 妊娠中毒症, 胞状奇胎

上昇する疾患

LFD, 妊娠

参考文献

測定法文献
Lindberg BS et al:The Journal of Obstetrics and Gynaecology of the British Commonwealth 80-619~626 1973
臨床意義文献
望月 眞人:日本臨床 53-増-600~603 1995

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧