SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

活性型GIP(抽出法)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 活性型GIP(抽出法)
    4G039-0000-022-023
    速やかに冷却遠心
    血漿(採血時 DPP-Ⅳ inhibitor加)
    0.5
    PAP

    A00
    凍結
    (28日)
    事前にご確認ください
    前処理:固相抽出 測定法:ELISA
    (pmol/L)

備考


指定の容器(PAP)に採血し,DPP-Ⅳinhibitor(血液1.0mLに対し10μL)を加え,混和後冷却遠心し,血漿分離して直ちに凍結保存してください。
研究検査  当社の通常受託項目とは異なり研究を目的とした検査であるため,基準値ならびに臨床的意義が明確にならない項目もございますので,内容をご理解の上ご依頼いただきますようお願い申し上げます。
下図の容器に採血し,DPP-Ⅳinhibitor(血液1.0mLに対し10μL)を加え,混和後冷却遠心し,血漿分離して直ちに凍結保存してください。

容器

EDTA-2Na+トラジロール

PAP  旧容器記号 D 6

EDTA-2Na+アプロチニン入り (真空採血量3mL)

内容:EDTA-2Na 3.75mg アプロチニン (1500単位)
貯蔵方法:室温
有効期間:1年

ポリスピッツ

A00  旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

異常値を示す病態・疾患

糖尿病

2型糖尿病

参考文献

測定法文献
:検査方法の文献は掲載しておりません
臨床意義文献
矢部 大介,他:医学のあゆみ 233(5):393~398,2010

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧