SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

梅毒定性TP抗体〔LA〕

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 梅毒定性TP抗体〔LA〕
    5E075-1351-023-062
    血清
    0.5
    S09

    A00
    冷蔵
    2~4

    32
    ※5
    ラテックス比濁法
    陰性

備考

&ヨ
D012(04) 梅毒トレポネーマ抗体定性
免疫学的検査判断料144点
乳び検体ではデータ影響を及ぼす場合がありますので避けてください。

  • 保険請求上の名称は「梅毒トレポネーマ抗体定性」です。

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:1年

ポリスピッツ

A00  旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

補足情報



梅毒血清反応検査の結果の解釈

STS TP 抗原 結果の解釈
RPR〔LA〕
RPR 法 (凝集反応)
TP 抗体〔LA〕・TPHA
FTA-ABS
(-) (-) 非梅毒
まれに梅毒感染初期
(+) (-) 生物学的偽陽性 (BFP)
まれに梅毒感染初期※
(+) (+) 梅毒 (早期から晩期)
梅毒治癒後の抗体保有者
(-) (+) 梅毒治癒後の抗体保有者
TP抗原系の偽陽性 (ごくまれ)

※ 梅毒感染初期が疑われる場合は3 〜 4週間後に再検査する

※ BFPを起こす疾患の罹患の有無や最近の感染機会の有無を調査する。 経過を追ってSTSの抗体価の推移や経過を追ってSTS抗体価の推移をモニターし, TP抗体・TPHA・FTA-ABSの陽性反応を認めた場合,梅毒感染初期を疑う。
あくまでも臨床診断が優先であり,血清学的検査は補助診断である。

〔梅毒血清反応検査の使用と留意点〕

《STS》

カルジオリピン抗原に対する抗体です。梅毒感染初期から陽性化し, 治療後は陰性化する場合が多く梅毒症状をよく反映する。 生物学的偽陽性反応 (BFP) が多い。

《生物学的偽陽性 (BFP)》

STS (RPR) は生物学的偽陽性 (BFP) が多く,梅毒感染以外に肝疾患, 自己免疫疾患,妊婦などで偽陽性を示す場合がある。

《TP抗体・TPHA・FTA-ABS》

トレポネーマ抗原に対する抗体で梅毒感染時に認められる特異的な抗体。 過去に梅毒陽性となった患者血清では,いつまでも抗体価が高値で持続 する場合がある。 まれに非特異反応が認められる。(自己抗体)

臨床意義

TP(Treponema Pallidum)は性感染症である梅毒の病原体である。梅毒の免疫学的検査法は、カルジオライピンに対する抗体を検出する脂質抗体検査と病原体であるTPに対する抗体を調べるTP抗体検査に大別される。現在TP抗体検査としては、TPHA法やFTA-ABS法等があり、特異性・感度共に優れた方法として広く普及している。しかし、これらの方法は操作が煩雑で迅速性に欠け、判定に主観が入る等の問題点がある。本法はラテックス比濁法の原理に基づき、リコンビナントTP抗原を用い、光学的に血清(血漿)中の抗TP抗体を検出・定量測定することが出来る。

参考文献

測定法文献
高橋 勝幸,他:機器・試薬 33(1):89~95,2010
臨床意義文献
津上 久弥:皮膚 24-1-11~18 1982

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧