SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

トキソプラズマ IgG抗体

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • トキソプラズマ IgG抗体
    5E156-0000-023-023
    血清
    0.3
    S09

    A00
    冷蔵
    2~4
    93
    ※5
    ELISA

    ELISA(Enzyme-Linked immunosorbent assay)
    酵素免疫測定法
    固相化した抗体に対して抗原を反応させた後,酵素標識した抗体を抗原に2次反応させ,発色基質を加えて酵素活性を測定する方法。

    6未満 判定基準:下記参照

診療報酬

D012(14)
トキソプラズマ抗体
免疫学的検査判断料144点

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年

ポリスピッツ

A00 旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

補足情報



[0731 0] [3471 5] [3142] [314202] [8650] トキソプラズマIgG抗体 (判定基準)

IU/mL 判定 解釈
6未満 陰性 トキソプラズマの感染は認められません。
6~8 判定保留 低濃度の抗体が認められ、トキソプラズマ感染の疑いがあります。
9以上 陽性 トキソプラズマ感染が考えられます。

臨床意義

日本人の約20~26%がトキソプラズマ抗体陽性であるが,その大部分は不顕性感染に終始する。この疾患の重症例は多くはないが,周産期感染症に関するTORCH症候群(Toxoplasmosis,Other,Rubella,Cytomegalovirus,Herpes)の中で妊婦のトキソプラズマ症が注目され妊婦に不安を与えている。
妊娠中にトキソプラズマの初感染をうけた母親から産まれる胎児あるいは免疫不全患者にとって,トキソプラズマ感染の有無のチェックは大変重要な意味を持つ。
トキソプラズマの診断において,検体から原虫そのものが検出されたり,分離されることは稀であるため,トキソプラズマ症における診断法の有力な手法として血清検査がある。PHA法はスクリーニングとして,EIA法は初感染および先天性トキソプラズマ感染症の感染の有無を知る上で重要である。

異常値を示す病態・疾患

上昇する疾患

局所性トキソプラズマ症(リ ンパ腺型,網脈絡膜炎型,皮膚発疹型,心炎型), 後天性トキソプラズマ症(急性発熱発疹型,中枢神経型,肺炎型,腸炎型), 先天性トキソプラズマ症

参考文献

測定法文献
亀井 喜世子 他:臨床病理 42-7-743~747 1994
臨床意義文献
矢野 明彦:産婦人科の実際 43-1-63~71 1994

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧