SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

Ⅰ型コラーゲン架橋 N-テロペプチド(NTx)(骨粗鬆症)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • Ⅰ型コラーゲン架橋 N-テロペプチド(NTx)(骨粗鬆症)
    5C123-0000-001-021
    部分尿
    3
    U00
    冷蔵
    2~4

    156
    ※4
    ELISA

    ELISA(Enzyme-Linked immunosorbent assay)
    酵素免疫測定法
    固相化した抗体に対して抗原を反応させた後,酵素標識した抗体を抗原に2次反応させ,発色基質を加えて酵素活性を測定する方法。

    男性 13.0~66.2
    閉経前女性 9.3~54.3
    閉経後女性 14.3~89.0
    (参考値)
    (nmolBCE/mmol・CRE) 判定基準:下記参照

備考


午前中の第二尿をご提出ください。

診療報酬

D008(23)
Ⅰ型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX)→Ⅰ型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTx)
生化学的検査(Ⅱ)判断料144点 △

  • 「NTx」,「オステオカルシン」,「尿中DPD」,「TRACP-5b」を併せて実施した場合は,いずれか1つのみ算定する。
  • 骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択時に1回,その後6月以内の薬剤効果判定時に1回に限り,また,薬剤治療方針を変更した時は変更後6月以内に1回に限り算定できる。

容器

尿用容器

U00  旧容器記号 Y

尿用容器

貯蔵方法:室温

補足情報



[2670 4] [4753 1] [380654] [3806] Ⅰ型コラーゲン架橋N-テロペプチド (NTx) (骨粗鬆症)
[2673 6] [4756 8] [380554] [3805] デオキシピリジノリン (DPD) (骨粗鬆症) の判定基準

検査項目 骨粗鬆症薬剤治療の指標 単位
骨折リスク カットオフ値 骨量減少 カットオフ値
Ⅰ型コラーゲン架橋
N-テロペプチド (NTx) (骨粗鬆症)
54.3 35.3 nmolBCE/mmol・CRE
デオキシピリジノリン (DPD) (骨粗鬆症) 7.6 5.9 nmol/mmol・CRE

臨床意義

NTxはヒトの骨に対する特異性が高く,閉経女性のエストロゲン分泌の低下やペ-ジェット病等の骨吸収の亢進により高値を示すことより,骨の吸収を直接に反映する指標になる. 測定に使用するキット試薬,オステオマ-クは,NTxに特異性の高いモノクロ-ナル抗体を使用しており,Ⅰ型以外のコラ-ゲン代謝物は認識しない.また,骨以外の組織由来のコラ-ゲン代謝の影響は少なく,骨吸収に対する特異性が優れている.次に示す疾患において臨床上の有用性が確かめられている.1) 原発性副甲状腺機能亢進症における骨吸収の指標,2) 原発性副甲状腺機能亢進症の治療(手術)効果の判定,3)悪性腫瘍の骨転移の指標および骨転移病巣の進行度の指標,4)骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択の指標及び薬剤効果判定の指標

異常値を示す病態・疾患

適応疾患

骨粗鬆症

参考文献

測定法文献
Hanson DA et al:Journal of Bone and Mineral Research 7(11):1251 ~ 1258, 1992.
臨床意義文献
馬場 正博:生物試料分析 22-2-121~128 1999

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧