SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

可溶性ICAM-1(2019年3月29日ご依頼分をもって受託中止)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 中止
    可溶性ICAM-1(2019年3月29日ご依頼分をもって受託中止)
    5J454-0000-023-023
    血清
    0.3
    S09

    A00
    凍結
    (1ヵ月)
    事前にご確認ください
    ELISA

    ELISA(Enzyme-Linked immunosorbent assay)
    酵素免疫測定法
    固相化した抗体に対して抗原を反応させた後,酵素標識した抗体を抗原に2次反応させ,発色基質を加えて酵素活性を測定する方法。

    98.8~320(参考値)(ng/mL)

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年

ポリスピッツ

A00 旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

臨床意義

Intercellular adhesion molecule-1 : ICAM-1 (CD54) は75~115kd の糖蛋白で,主に血管内皮細胞に発現を認め,そのリガンドであるLFA-1を有する白血球との接着に関与するIgスーパーファミリーに属する分子である.IFN,IL-1,TNF等の炎症性サイトカインにより発現が増強され,免疫応答初期で作用していると考えられている.消化器癌,造血器腫瘍等でも発現し,転移時の他臓器浸潤に関与しているとの報告もある.
可溶性ICAM-1(sICAM-1)は,この膜結合型が細胞膜に極めて近い部分で切断され,5個全てのドメインを有し,またその分子量はICAM-1に比し大きく,他分子と結合し 240, 430, 500kdの3種の Isoformとして存在していると言われている.
臨床的には各種炎症性疾患, 膠原病等で上昇することが知られており,また各種の癌, 特に肝転移症例で高値を示すとの報告もある.

異常値を示す病態・疾患

上昇する疾患

がん

参考文献

臨床意義文献
今井 浩三 他:臨床免疫 24-11-1568~1573 1992

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧