SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

FLT3変異解析ITD/TKD

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 曜日指定
    FLT3変異解析ITD/TKD
    8C071-0000-019-955
    血液(ヘパリン加)
    3.0
    PH5
    冷蔵
    (3日)
    10~14

    2100+2100
    ※2
    PCR-キャピラリー電気泳動法
    陰性
その他の受託可能材料

備考

&ユ
凍結保存は避けてください。受託可能日は月~金曜日です。他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので,検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。
造血器腫瘍遺伝子検査のご提出について
検体は採取後,当日中にご提出ください。
下図の容器に採血し,よく混和させ,冷蔵保存してください。
他項目との重複依頼は避けてください。

診療報酬

D006-2
造血器腫瘍遺伝子検査
血液学的検査判断料125点

  • 「悪性腫瘍遺伝子検査」,「造血器腫瘍遺伝子検査」又は「免疫関連遺伝子再構成」のうちいずれかを同一月中に併せて行った場合は,主たるもののみ算定する。
  • 再発又は難治性の急性骨髄性白血病(急性前骨髄性白血病を除く)の骨髄液又は末梢血を検体とし、抗悪性腫瘍剤による治療法の選択を目的として、FLT3遺伝子の縦列重複(ITD)変異又はチロシンキナーゼ(TKD)変異の評価を行った場合に限り、患者1人につき1回に限り算定する。
  • 保険請求上の名称は「造血器腫瘍遺伝子検査」です。

容器

ヘパリン入り (真空採血量5mL)

PH5  旧容器記号 G 12

ヘパリン入り (真空採血量5mL)

内容:ヘパリンNa 65IU
貯蔵方法:室温
有効期間:2年

補足情報



[2875 8] [142314、142301] [1423] FLT3変異解析の判定基準

FLT3変異解析 ITD allele ratio
0.05未満 0.05以上
TKD allele ratio 0.05未満 陰性 陽性
0.05以上 陽性 陽性

臨床意義

FLT3遺伝子は、がんの増殖に関与する遺伝子で、AML患者の約1/3で変異が見らえていることが報告されています。FTL3遺伝子は、AML患者の層別化および予後予測に有用なバイオマーカーとして知られており、変異のある患者は、ない患者に比べて再発率が高く予後も不良といわれています。
近年、FLT3は新たなAML治療の標的分子として注目され、FLT3阻害剤の開発が進んでいます。
本検査は、FLT3遺伝子にある、遺伝子内縦列重複変異(ITD)とチロシンキナーゼドメイン変異(TKD)の、2つの変異を検出し、ゾスパタ(R)(ギルテリチニブフマル酸塩)の投与判断に用いられます。

異常値を示す病態・疾患

関連疾患

急性骨髄性白血病

参考文献

測定法文献
Murphy KM,et al:J Mol Diagn5(2):96~102,2003.
臨床意義文献
Yamamoto Y, et al:Blood 97(8):2434~2439,2001.

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧