SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

細胞診(婦人科LBC ベセスダシステム)

  • 検査項目
    JLAC10

    検査材料
    検体量
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
  • 細胞診(婦人科LBC ベセスダシステム)
    7A020-1652-076-650
    子宮頸部・子宮膣部・膣内容・膣断端
    容器ごと提出
    V41
    室温
    4~7
    1部位につき 150+36
    ※7
    TP染色

備考

&D
*専門医の判定が必要な場合(原則的にASC-US,Class Ⅲaまたは判定C以上)は通常日数より遅れる場合があります。
*検査材料,検体量につきましては下記を参照ください。
☆生材料は時間とともに細胞変性が進みます。スライド標本の作製が不可能である場合のみご提出ください。
細胞診検査の注意事項
細胞診検査は,必ずしも確定診断ではありません。検査結果はご提出いただいた標本において下されたもので,病変全体を反映するものではないことを,あらかじめご承知おきください。組織診検査等による総合的な診断をお勧めします。(検診検査は偽陰性となる可能性があります。)
一次スクリーニングを東京セントラルパソロジーラボラトリー(TCPL)へ委託する場合がございます。その場合、細胞診検査報告書の細胞検査士名の後に「T」マークが表示されます。
[6241 8]細胞診(婦人科LBC ベセスダシステム)について
[6471 1]ヒトパピローマウイルスDNA(16型、18型、その他ハイリスクグループ)との同時依頼が可能ですが、その際、細胞診の所要日数が1~2日遅れます。

診療報酬

N004(01)+N004(注1)
婦人科材料等によるもの+液状化検体細胞診加算(婦人科材料等)
病理判断料150点

容器


V41

V41 旧容器記号 f6

内容:メタノール55%
貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年6ヵ月

補足情報



V41 (旧容器記号 f6) 検体取り扱い方法

採取方法

  1. 子宮頸部の細胞を採取する
    綿棒以外の採取器具 (ブラシ、スパーテル) を用いて細胞を採取してください。
  2. 細胞を洗い落とす
    採取器具を容器に入れ、容器の底で採取器具の先端が広がるように 10回程度押し付けた後、強くかき回して採取した細胞を洗い落としてください。
  3. しっかりフタを閉める
    採取器具を取り出し、蓋の黒いラインが容器本体の黒いラインを左に超えるように、 しっかり蓋を閉め、室温保存してください。
    (注) 採取器具の先端は容器に残さないでください。

[ご注意]
妊婦より細胞を採取する場合は、安全性を考慮し、ブラシ、スパーテルなどの採取器具の使用は避け、綿棒を使用してください。 ただし、綿棒で検査に必要な細胞量を採取するために、採取前に別の綿棒で粘液を除去し、 採取に使用した綿棒を保存液中で充分にすすぎ、採取した細胞を洗い落としてください。 容器には綿棒の先端を残さないで室温保存してください。 また、綿棒では無理な力がかかりますと折れる可能性がありますので充分にご注意ください。

臨床意義

悪性細胞の検出を主目的とするが、その他、原虫等の感染、良性異型細胞等の判定も行う。それにより臨床的には、腫瘍の良悪の判定、肉眼的に検知不可能な上皮内癌等の早期発見に寄与する。

参考文献

Strander B et al:Cancer111(5):285~291,2007

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧