SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:北海道ラボ

遊離トリヨードサイロニン (Free T3)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 遊離トリヨードサイロニン (Free T3)
    4B015-0000-023-052
    血清
    0.5
    S09

    A00
    冷蔵
    1~3
    130
    ※4
    CLEIA

    CLEIA(Chemiluminescent enzyme immunoassay)
    化学発光酵素免疫測定法
    固相化した抗体に対して抗原を反応させた後,酵素標識した抗体を抗原に2次反応させ,化学発光基質を加えて発光強度を測定する方法。

    2.5~3.5(pg/mL)

備考

&フ

診療報酬

D008(14)
遊離トリヨードサイロニン(FT3)
生化学的検査(Ⅱ)判断料144点 △

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年

ポリスピッツ

A00 旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

臨床意義

Free T3の測定は,甲状腺機能状態のみでなく,種々の疾病におけるT4の末梢代謝状態を知る一指標としても有用である.とくに妊婦,肝,腎疾患等でTBP濃度の変化による影響を受ける事なく甲状腺機能を直接的に反映する.

参考文献

測定法文献
下宮 栄子,他:医学と薬学 38(2): 395-402, 1997.
臨床意義文献
宮崎 直子,他:医学と薬学 70(2):367~380,2013.

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧