SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:金沢ラボ

血中ケトン体分画

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 血中ケトン体分画
    3E045-0000-023-271
    速やかに冷却遠心
    血清(静脈血)
    0.5
    S09

    A00
    凍結
    (7日)
    2~4

    59
    ※4
    酵素法

    酵素法
    測定原理は比色法と同様で,測定物質を酵素を用いて特異的に測定する方法。

    アセト酢酸 55以下 3-ヒドロキシ酪酸 85以下 総ケトン体 130以下 (μmol/L)

備考

#ヨ
早朝空腹時採血(静脈)してください。採血後は速やかに冷却遠心にて分離し,凍結保存してください。

診療報酬

D007(19)
ケトン体分画
生化学的検査(Ⅰ)判断料144点

  • 「ケトン体」及び「ケトン体分画」の検査を併せて実施した場合は,「ケトン体分画」の所定点数のみ算定する。

容器

EDTA-2Na (2mL)

S09  旧容器記号 C1 1 X1

分離剤入り (真空採血量9mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:製造から1年

ポリスピッツ

A00 旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

臨床意義

ケトン体とはアセト酢酸,3ヒドロキシ酪酸およびアセトンを総称したものである。
アセトンはアセト酢酸から非酵素的に生成され,アセト酢酸と3ヒドロキシ酪酸は相互に酵素的に転換される。アセトンは揮発性で呼気に排出されやすいためアセト酢酸と3ヒドロキシ酪酸をたしたものを総ケトン体としている。これらのケトン体は脂肪酸がβ酸化を受けた代謝産物であり骨格筋,心筋,腎臓などで利用される。
血中ケトン体が上昇するのは利用低下ではなく,主に肝臓でのケトン体生成(脂肪酸酸化)の亢進のためである。従って,血中ケトン体の増加する病態は,エネルギー代謝が脂肪酸に偏った状態であり,代謝の指標として有用である。

異常値を示す病態・疾患

上昇する疾患

グルカゴノーマ, 下痢, 外傷, 褐色細胞腫, 飢餓, 手術, 糖原病, 糖尿病, 熱性疾患, 嘔吐

参考文献

測定法文献
西ヶ谷 晴美 他:医学検査 45-3-353 1996
臨床意義文献
原納 優 他:日本臨床 48-増-323~333 1990

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧