SRL総合検査案内

0個選択中

プロパフェノン

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安全性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
    採血時刻
  • プロパフェノン
    3L897-0000-023-204
    血清
    1.5
    S7P

    A00
    冷蔵
    3~5

    特
    HPLC

    HPLC(High performance liquid chromatography)
    高速液体クロマトグラフィー
    移動相に液体を用いる液体クロマトグラフィーで,高密度充填カラムと高圧ポンプを用いて高速かつ高精度に分離する方法。

    (ng/mL)

備考


プロノン,ソビラール
採血容器についての注意事項  血清分離剤入り容器の使用は避けてください。薬物検査において,測定値に影響を及ぼす場合があります。
採血時刻についての注意事項  1.TDM(血中薬物濃度モニター)における採血時間です。 
2.連続投与においては定常状態到達後,採血を行ってください。 
3.中毒時はPeak濃度も測定する必要があります。 
4.標準的な時間であり,患者状況にあわせて採血するのが望ましいと思われます。

  • 投与薬剤の血中濃度を測定し,その結果に基づき当該薬剤の投与量を精密に管理した場合,月1回に限り算定する。

容器

EDTA-2Na (2mL)

S7P

分離剤なし (真空採血量7mL)

貯蔵方法:室温
有効期間:1年

ポリスピッツ

A00  旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

補足情報

臨床意義

プロパフェノン (以下PF と略)及び5 -ハイドロキシプロパフェノン(以下5OHP と略、薬理活性を有する)は以下の理由により血中濃度モニタリングを行う。1)代謝能に個人差があり、PF 、5OHP の血中濃度及び割合が代謝能や投与量により変化する。2)肝機能障害により血中濃度が変動する。副作用…肝機能低下、神経症状、嘔吐、食欲不振、 異味等

参考文献

測定法文献
Steurer G et al:European Heart Journal 12-526~532 1991
臨床意義文献
Hii JTY et al:Clinical Pharmacokinetics 21-1-1~10 1991