SRL総合検査案内

0個選択中

アンチトロンビンⅢ (ATⅢ)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • アンチトロンビンⅢ (ATⅢ)
    2B200-0000-022-315
    速やかに遠心
    血漿
    0.5
    PC2

    A00
    凍結
    (1ヵ月)
    2~4
    70
    ※2
    発色性合成基質法

    発色性合成基質法
    ヘパリンを加えてAT-Ⅲ-ヘパリン複合体を形成させ,そのトロンビン不活化能をトロンビンに対する発色性合成基質を用いて測定する方法。

    79~121(%)

備考


採血後,速やかに血漿分離してください。3.2%のクエン酸ナトリウム0.2mLに血液1.8mLの割合で採血し,転倒混和を5~6回繰り返した後,速やかに血漿分離してください。血漿は必ず凍結保存してください。(複数の検査項目をご依頼される場合で,採血量が1.8mL以上の場合,(PC5)の容器をご利用ください。)

容器

3.2%クエン酸ナトリウム入り (真空採血量1.8mL)

PC2  旧容器記号 K

3.2%クエン酸ナトリウム入り (真空採血量1.8mL)

内容:3.2%クエン酸Na 0.2mL
貯蔵方法:室温
有効期間:1年 (25本入りプラスティックケース開封後1カ月)

ポリスピッツ

A00  旧容器記号 X

ポリスピッツ

貯蔵方法:室温

臨床意義

アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)は,分子量58000,肝で合成される。生理的には抗凝固剤作用を有しており,活性化第Ⅹ因子や活性化第Ⅱ因子(トロンビン)などのセリンプロテアーゼと1対1に結合しその作用を阻害する.。ATⅡは,Arg47にへパリン結合部位を,Arg393-Ser394にトロンビン結合部位を有する。生体内では血管内皮細胞上のへパリンとATⅢが複合体を形成することにより,抗凝固作用を強力に発揮する。
ATⅢの血中濃度は生産性と消費のバランスにより左右されるため,意義として生体内での凝固系の働き,生産状態,血栓症の病因を知ることが重要。またATⅢ遺伝子は,染色体1g22-25上に存在し,先天性の場合はこの遺伝子レベルの異常により,生産が不十分な場合はATⅢ欠乏症となり,異常なATⅢを生産する場合はATⅢ異常症となる。なおATⅢの生体内半減期は健常人で65時間であるが,DICでは短縮する。生体内では血中,血管内皮,血管外にそれぞれ4:1:5の比率で分布している。

異常値を示す病態・疾患

減少する疾患-〔後天性〕

ネフローゼ症候群, 肝障害, 手術,外傷, 線溶亢進状態, 播種性血管内凝固(DIC)

減少する疾患-〔先天性〕

アンチトロンビンⅢ欠乏症・異常症

上昇する疾患

急性炎症, 急性肝炎, 腎移植後

参考文献

測定法文献
Scully MF et al:Clinica Chimica Acta 79-595~602 1977
臨床意義文献
岡嶋 研二:日本臨床 53-増-43~47 1995

関連項目