SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:横浜ラボ

エストリオール(E3)(2019年11月27日ご依頼分をもって受託中止)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 中止
    エストリオール(E3)(2019年11月27日ご依頼分をもって受託中止)
    4F030-0000-004-002
    蓄尿
    5
    U00
    凍結
    8~14
    RIA硫安塩析法

    RIA(Radio immunoassay)
    放射性免疫測定法
    抗体に対して放射性同位元素(RI)で標識した抗原と検体中の抗原を競合的に抗原抗体反応を行い,抗体と結合した標識抗原(結合型:Bound)と抗体と結合していない標識抗原(遊離型:Free)を分離し,その割合を放射活性から抗原の濃度として測定する方法。
    結合型と遊離型の分離方法(B/F分離)として,抗体を固相化しておく固相法,抗原抗体複合体に第2抗体を結合させて沈澱させる2抗体法,抗原抗体複合体を硫酸アンモニウム(硫安)で沈澱させる硫安塩析法,抗原抗体複合体を沈澱試薬で沈澱させるPEG法などがある。

    下記参照

備考

&C
性別を明記してください。また妊婦の場合は妊娠週数を明記してください。

容器

補足情報

臨床意義

E1,E2の代謝物で尿中に最も多く出現し,卵巣での生成は少ない。血中では主に抱合型として存在する。エストリオールのエストロゲン活性は,最も弱いが,妊娠後期に胎盤より多量に分泌され,エストロン・エストラジオールの子宮興奮作用を抑制し,胎児-胎盤機能に対し,生理的に重要な意義をもつ。特に尿中エストリオール値は,胎児,胎盤,母体系機能の指標として,臨床上最もよく測定されている。

異常値を示す病態・疾患

高値疾患

Rh型不適合妊娠, 多胎妊娠

低値疾患

子宮内胎児発育遅延, 重症妊娠中毒症, 胎盤機能低下, 無脳児妊娠

参考文献

測定法文献
牧野 拓雄 他:日本内分泌学会雑誌 50-4-788~796 1974
臨床意義文献
清水 幸子 他:日本臨床 53-増-553~565 1995

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧

検査・関連サービス事業 グループ会社:
  • 日本臨床
  • SRL北関東
  • 北信臨床