SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:千葉中央

α1-アンチキモトリプシン

  • 検査項目
    JLAC10

    提出材料
    検体量
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
  • α1-アンチキモトリプシン
    ホルマリン固定組織(パラフィンブロック・未染標本スライドも可)
    VP0
    室温
    *5~8

    1臓器につき 400
    ※8

備考

&D
*所要日数
 ・脱脂処理,脱灰処理が必要な場合は所要日数が7 ~ 12日となります。
 ・酵素抗体染色が必要な場合は所要日数が約2週間となります。
 ・蛍光抗体が必要な場合は所要日数が2 ~ 3週間となります。
 ・骨髄像が必要な場合は所要日数が約2週間となります。
 ・専門医による診断が必要な臓器(皮膚,肝臓,骨髄,心臓等)は所要日数が7 ~ 12日となります。
 ・手術材料(切り出し時,5ブロック以上になる場合)は所要日数が2 ~ 3週間となります。
 ・ 特殊なご依頼の場合,まとまった件数(処理内容により異なりますがおおむね20件以上)の場合は通常より所要日数が遅れますので,事前に営業員へお問い合わせください。
病理専用容器(VP0)容器について
病理専用容器(VP0)に20%ホルマリン液を充填し,組織を固定してご提出ください。
病理専用容器(VP0)に入らない大きさの組織は,充分に固定後,ヒストパック(特大,大,中,小)に入れてご提出ください。

診療報酬

N002(08)
その他(1臓器につき)
病理判断料150点

  • 「酵素抗体染色」は,方法(蛍光抗体法又は酵素抗体法)又は試薬の種類にかかわらず,1臓器につき1回のみ算定する。
  • 確定診断のために4種類以上の抗体を用いた免疫染色が必要な患者に対して,標本作製を実施した場合には,1,600点を所定点数に加算する。「確定診断のために4種類以上の抗体を用いた免疫染色が必要な患者」とは,悪性リンパ腫,悪性中皮腫,肺悪性腫瘍(腺癌,扁平上皮癌),消化管間質腫瘍(GIST),慢性腎炎,内分泌腫瘍,軟部腫瘍,皮膚の血管炎,水疱症(天疱瘡,類天疱瘡等)又は悪性黒色腫が疑われる患者を指す。これらの疾患が疑われる患者であっても3種類以下の抗体で免疫染色を行った場合は,当該加算は算定できない。肺悪性腫瘍(腺癌,扁平上皮癌)が疑われる患者に対して加算を算定する場合は,腫瘍が未分化であった場合等HE染色では腺癌または扁平上皮癌の診断が困難な患者に限り算定することとし,既に悪性腫瘍遺伝子検査のEGFR遺伝子検査又はALK融合遺伝子標本作製を算定している場合には,当該加算は算定できない。

容器

病理専用容器

VP0  旧容器記号 u5

病理専用容器

20%ホルマリン液を充填してお使いください。

貯蔵方法:室温

補足情報

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧