SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:中央ラボ

血球計算8種(5種,MCV,MCH,MCHC)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 緊急
    血球計算8種(5種,MCV,MCH,MCHC)
    血液(EDTA-2K加)
    2.0
    PK2
    冷蔵
    1~2

    21
    ※3
    自動化法
    白血球数(WBC)
    M 3900~9800
    F 3500~9100 (/μL)
    赤血球数(RBC)
    M 427~570
    F 376~500 (×104/μL)
    血色素量(Hb)
    M 13.5~17.6
    F 11.3~15.2 (g/dL)
    ヘマトクリット(HT)
    M 39.8~51.8
    F 33.4~44.9 (%)
    血小板数
    M 13.1~36.2
    F 13.0~36.9 (×104/μL)
    MCV
    M 82.7~101.6
    F 79.0~100.0 (fL)
    MCH
    M 28.0~34.6
    F 26.3~34.3 (pg)
    MCHC
    M 31.6~36.6
    F 30.7~36.6 (%)

備考

*
溶血・凝固・凍結検体は避けてください。採血後直ちに4~5回軽く転倒混和して冷蔵保存してください。(注)採血直後,直ちに転倒混和してください。転倒混和が不充分であったり,転倒混和するまで時間を要すると血液の部分凝固や目視では確認できないレベルの血液凝固が生じるため,検査結果に影響を及ぼします。
下図の容器に採血し,ただちに5回以上軽く転倒混和させ,冷蔵保存してください。
溶血,凝固および凍結検体は測定できません。
検体は採取後,当日中にご提出ください。

診療報酬

D005(05)
末梢血液一般検査
血液学的検査判断料125点

  • 「血小板凝集能」,「末梢血液一般検査」を同時に測定する場合は,「末梢血液一般検査」の所定点数を別に算定することはできない。

容器

補足情報

臨床意義

血球計数測定系は赤血球・血小板の計数と容積測定、ヘモグロビン測定、白血球計数・白血球分類の3系統に大別される。赤血球系測定では貧血・多血症の有無とその程度、血小板系では出血・血栓症の主たる原因となる血小板の容積の異常、白血球数の異常からは炎症腫瘍の存在や薬物の影響を知ることができる。

参考文献

測定法文献
金井 正光,他:臨床検査法提要 第32版(金原出版):265 ~ 295, 2005.

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧

検査・関連サービス事業 グループ会社:
  • 日本臨床
  • SRL北関東
  • 北信臨床