SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

HCV RNA定量

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • HCV RNA定量
    5F360-1453-023-875
    血清
    1.8
    S5F
    凍結
    (21日)
    3~5

    437
    ※7
    RT-PCR (リアルタイムPCR)

    リアルタイムPCR
    PCR法を基本原理とする核酸増幅法の一種であり,分解により蛍光を発するオリゴヌクレオチドを利用することにより,PCRサイクルごとに蛍光シグナルを確認することでリアルタイムにターゲット核酸の定量が可能となる測定方法。

    検出せず(Log IU/mL)

備考


(R02診療報酬改定情報掲載) ※→以降は改定により変更となるもの
他項目との重複依頼は避けてください。本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので,検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。
指定の採取量を下図の容器に採取後,4 ~ 5回静かに転倒混和し,室温にて30 ~ 60分放置してください。凝固完了を確認後,遠心分離しそのまま凍結してご提出ください。他項目との重複依頼は避けてください。
本検査方法ではコンタミネーションの影響がより大きくなりますので検体採取にあたっては取り扱いに充分ご注意ください。

診療報酬

D023(11)D023(13)
HCV核酸定量
微生物学的検査判断料150点

  • 「HCV RNA定量」及び「HCV核酸検出」を併せて実施した場合は,いずれか一方に限り算定する。

容器

補足情報

臨床意義

C型肝炎ウイルス(HCV)はウイルス性慢性肝炎の主要起因ウイルスである。HCV RNAの測定は「HCV感染診断」としてのHCV抗体陽性者のキャリアと既往感染者の鑑別に用いられるほか,抗ウイルス治療患者の「治療前効果予測や治療方法の選択」,治療中の「薬効モニタリング」,また抗ウイルス治療後の「効果判定」などに用いられるなど,HCV RNA定量検査はHCVキャリアの診断や治療に不可欠である。本検査法は,リアルタイムPCR法を用い血清中HCV RNA量を高感度かつ広範囲に測定する。

異常値を示す病態・疾患

慢性肝炎、肝硬変

C型肝炎ウイルス感染症

参考文献

測定法文献
菅原 昌章, 他: 医学と薬学 73(10): 1329~1339, 2016.
臨床意義文献
狩野 吉康,他:医学と薬学 58(1):137~149,2007

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧