SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:八王子ラボ

12染色体

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • 曜日指定
    12染色体
    8B420-0000-046-841
    骨髄液
    1.0
    H00
    冷蔵
    7~10

    2631+397
    ※2
    FISH

    FISH(Fluorescence in situ hybridization)
    蛍光 in situ ハイブリダイゼーション
    蛍光色素で標識したプローブを用いて標的DNAとハイブリダイゼーションを行い,特定の波長で発色させた蛍光部位を染色体上のシグナルとして蛍光顕微鏡下で検出する方法。
    蛍光色素で標識したプローブと標的DNAを直接結合させる直接法と,標識物質で標識したプローブと標的DNAを結合させた後に,標識プローブと蛍光物質を結合させて発色させる間接法がある。

その他の受託可能材料

備考

&ユ
凍結保存は避けてください。受託可能日は月~金曜日です。
染色体検査のご提出について  検体は採取後,当日中にご提出ください。
骨髄液1.0mLを指定の容器に無菌的に採取し,よく混和させ,冷蔵保存してください。
検体は採取後,当日中にご提出ください。

診療報酬

D006-5+D006-5(注)
染色体検査(全ての費用を含む)+分染法加算
遺伝子関連・染色体検査判断料100点

  • 分染法を行った場合は,397点を加算する。その種類,方法にかかわらず,1回の算定とする。

容器

補足情報

臨床意義

12番染色体のトリソミーは、慢性リンパ性白血病(CLL)とリンパ腫であるsmall lymphocytic lymphoma の約30%に見られ予後不良とされる。CLLの予後判定に染色体検査が必須と考えられている。慢性リンパ性白血病(CLL)の細胞は増殖が遅く、培養を必要とする従来のG-Bandingでは十分な数の分裂核が得られ難いため、12番染色体のトリソミーを検出するFISH法が有用。

異常値を示す病態・疾患

適応疾患

小細胞性リンパ腫, 慢性リンパ性白血病(CLL)

参考文献

測定法文献
稲澤 譲治:臨床FISHプロトコ-ル 阿部達生監修 (秀潤社) 90~95 1997
臨床意義文献
Escudier SM et al:Blood 81-10-2702~2707 1993

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧

検査・関連サービス事業 グループ会社:
  • 日本臨床
  • SRL北関東
  • 北信臨床