SRL総合検査案内

0個選択中

現在のラボ:静岡ラボ

Ca(カルシウム)

  • 検査項目
    JLAC10

    検体量
    (mL)
    容器
    キャップ
    カラー
    保存
    (安定性)
    所要
    日数
    実施料
    判断料
    検査方法
    基準値
    (単位)
  • Ca(カルシウム)
    3H030-0000-023-271
    血清
    0.5
    S09

    A00
    冷蔵
    (2週間)
    2~4

    11
    ※4
    アルセナゾⅢ法
    8.5~10.2(mg/dL)
その他の受託可能材料

診療報酬

D007(01)
カルシウム
生化学的検査(Ⅰ)判断料144点 ☆

  • 「カルシウム」及び「イオン化カルシウム」を同時に測定した場合には,いずれか一方についてのみ所定点数を算定する。

容器

臨床意義

成人の生体には約1kgのCaが存在するが、その99%は硬組織(骨や歯牙)に含まれており、残りの1%が軟部組織や細胞外液中に存在する。
血液中に存在するCaは約0.1%にすぎないが、種々の生理機能調節に重要な役割を果たしており、主に副甲状腺ホルモン(PTH)と、活性型ビタミンDである1,25水酸化ビタミンD[1,25(OH)2D]により、腸管からの吸収、骨での出入り、腎尿細管での再吸収の各段階で調節されている。したがって、これらのホルモン作用の異常、あるいは腸管、骨、腎などの標的臓器の異常により血中Ca値に異常をきたす。また、血清Caの約50%は血清蛋白質(大部分はアルブミン)に結合している。そのため、血清総Ca測定時には必ず血清アルブミンを測定し、Payneの式などにより補正する。
 補正Ca値(mg/dl)=血清総Ca値(mg/dl)+4-血清アルブミン値(g/dl)

異常値を示す病態・疾患

減少する疾患

ネフローゼ症候群, ビタミンD欠乏症, 吸収不良症候群, 急性膵炎, 低Mg血症, 尿毒症, 副甲状腺機能低下症, 慢性腎不全

上昇する疾患

Addison病, ミルク・アルカリ症候群, 悪性腫瘍骨転移, 家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症, 褐色細胞腫, 急性腎不全, 原発性副甲状腺機能亢進症, 甲状腺機能亢進症, 多発性骨髄腫

参考文献

測定法文献
根占 哲也:都臨技会誌 34(5):270~281,2006.
臨床意義文献
赤津 拓彦:日本臨床 57-S2-239~242 1999

関連項目

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボを選択してください

ラボを選ぶ

ラボ切替機能追加/URL変更のお知らせ

ラボ一覧

検査・関連サービス事業 グループ会社:
  • 日本臨床
  • SRL北関東
  • 北信臨床